パティスンカヨ

「二次元でも三次元でもない世界」


国東半島で生まれ育ち、イギリスでステンドグラスの色と光に魅了されたパティスンカヨさん。

イギリス人の夫と2人の息子と犬たちに囲まれ、国東半島で制作を続けている。

午前の光に包まれるアトリエ。下書きに沿って切り出された色ガラスのピース。小指の爪ほどの小さなものもひとつずつ断面を研磨する。パズルのように組み上げたガラスのピースを銅のテープや鉛で接着していく。完成まで幾度となく太陽がアトリエを弧を描いて通り過ぎる。キッチンのステンドグラスが光を湛えるころ、犬たちが散歩の準備をはじめる。

パティスン カヨ

ステンドグラス