オオタ ユウジ

「キャリアの終焉をどう迎えるか」


自分の紹介文を書くのは妙だなと思いながら。テレビ番組でディレクターデビューしたのは23歳。

ちょうど30年の月日が経つ。東京キー局の深夜番組が全盛だった時代にチャレンジングな番組をやり、日本のミュージックビデオ全盛期を通り抜け、BS、CS放送の黎明期に携わり…雑食ディレクターとしてジャンルを問わず色々やってきて、さてキャリア30年、53歳。

定年がない職業とはいえ、体の衰えは絶大で、黒澤明にでもならないとこの先、映像は無理かと思いつつ。若いみなさんの応援ができれば本望です。

オオタ ユウジ

GREENBOW